Monthly Archives: 11月 2014

フリーローンの審査は簡単?

フリーローンは、基本的に手軽で利用しやすい商品として知られています。ここでは、幾つかの比較を通し、フリーローンの特徴・審査の難易度についてみていきたいと思います。ローンには借入金の使用目的が決められている目的別ローンもありますが、これとフリーローンを比較するとどのような違いがあるのでしょうか。

大きな違いはローンの審査にあります。
一般にフリーローンの方が目的別よりも、審査が軽くて楽とされているのです。
目的別ローンよりも融資額が一般的に小さいこと、また、より多く利用者に向けてサービスを提供しようという金融機関側の意図があることが、その理由としてあげられます。

では次に、同じフリーローンでも、銀行と消費者金融のものを比較してみましょう。
ここでも審査の難易度に違いがあります。銀行の方が、一般的なローン同様に審査が厳しい傾向にあるのです。よって同じフリーローンとはいえ、消費者金融のほうが若干、融資対象枠が広くなっています。
しかし、いずれにせよ、フリーローンは他のローンと比べると全体的に手軽だという特徴をもっています。
ですから、仕事があり、一定の収入があり、生活が安定して他社からの借入れに切迫した状況でさえなければ、審査に通らないということはないでしょう。

フリーローンの申し込み

フリーローンの申し込みは簡単にいえば、自分が借りたい金額と返済できる金額をせってしたうえで、フリーローン 銀行というキーワードでネットで検索してみましょう。いくつかページを開いておき、どんな商品情報かをページの上から下までチェックします。自分の条件に合わなかったり、どうも借りられそうにないなと思った時は次の会社を探しましょう。申し込みはネットで完結する倍もありますし、店頭の自動契約機で契約するパターンもあります。自分に合った形で契約を行うのがよいですね。ネットで申し込む場合、自分の住所や勤務状況などをフォームに入力し、送信ボタンを押せばOK。そのあと必要書類をFAXまたは郵送しましょう。カードローンとの違いは必要書類を贈った時点で審査がスタートしますので手間が少々かかります。審査に通過したら融資となるわけですが、銀行に申し込んだ場合、必ず来店を求められます。本人確認を行ったうえで自分が指定した口座もしくはその銀行の口座に入金されますので、決して面倒と思わずに来店しましょう。それがフリーローンの特徴ともいえます。カードローンとは違い即日融資を目的としていませんのでその点理解をして申し込みを行いましょう。

フリーローンのメリット・デメリット

車や家のローンと違い、必要なときに必要な額だけ自己資金を確保できるフリーローン。銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA、消費者金融などが取り扱っています。別名「多目的ローン」「ファミリーローン」とも言われています。
人生設計に合わせて自由に組み立てられることが人気の理由ですが、使い方に制限がないだけに使い方によっては思わぬデメリットもあります。ここでは両面から詳しくみていきましょう。

メリット
まず、メリットを見ていきます。
一般的にフリーローンは審査に時間がかからず、金融機関のチェックが甘い傾向があります。ですから、他のローンと比べて比較的便利に利用することができます。
また、返済に関してもメリットがあります。同じ金融機関のカードローンなど実質年率を比べると、金利が下回って設定される傾向があります。つまり、カードローンよりも楽に返済することができるのです。返済計画を組むにあたって、これは安心材料になるでしょう。
またフリーローンは使い方によって借り方を選ぶことができます。結婚・旅行・趣味・引越しなど、一時的な出費には無担保型の小口のローン。起業資金、相続資金、別荘購入、などは有担保型の大口ローンで借入することができます。
このように目的に合わせて、臨機応変に借り、返済することができるのがフリーローンの最大のメリットなのです。

デメリット
一方でデメリットもあります。
フリーローンはスピーディーに借りることができるために、負債の穴埋めとして無計画な借入をしてしまう人が多い傾向があるのです。もし、あなたがきちんとした返済計画を持たずに借りるのであれば、返済遅延などのトラブルを巻き起こす原因になりますので、注意しましょう。
また、先ほど金利面で有利だったカードローンと比較した場合でもデメリットがあります。フリーローンはカードローンに比べると審査の基準が少し厳しいのです。アルバイトなど収入が不安定な仕事をしている人は、年収を提出し、かつそれが審査の基準に見合うかどうか審査されることがあります。アルバイトや自営業、また自分の収入がない主婦の方にはデメリットといえるでしょう。
しかし、銀行によっては、ご主人の収入を審査対象として主婦の方でも有志を受けられる定額のフリーローンを用意しているところもあります。ぜひ、インターネットや窓口で利用可能なローンを探してみてください。

さて、このようにフリーローンにはメリットとデメリットがあります。あなたはどちらが勝っていると思われたでしょうか。ご自分の使用目的なライフスタイルによって異なってくるはずです。ぜひ、ご自分にとってどうなのか、しっかり考えて利用しましょう。

フリーローンの金利で選ぶ

フリーローンの金利は会社によって結構幅がありますがおおむね5%から15%といったところでしょう。ただ細かいところを見れば会社によって大きく違いますので、フリーローンを利用する際にはまず、金利を比較しましょう。金利は返済時にかかる利息です。つまり貸したお金に上乗せする額です。貸してくれたお礼に払うお金と考えればわかりやすいでしょうか。ローン会社も商売ですから金利によって利益をえることを目的としています。ですのでなるべく「お礼」分のお金が少なくて済むような会社を探しましょう。金利は最も低くて3%くらいです。ただ初めて融資を受ける方や、借入限度額が少ない方は10-15%の金利を要求されます。一見高く見えるかもしれませんが実はこれは堅実経営のあかし。信頼できるローン会社ということが判断できます。金利は借入額にも変わってきます。よくあるのが限度額300万円だと5%、200万円で8%、100万円で10%といったように紹介されている場合です。借りられる金額がその人の信用度で決まってきますから、いくら300万円金利5%で契約したいと思ってもできない場合があります。社会的信用度(年収など)が高ければより金利がひくい有利な状態で契約することができますので、そういった事情があることも加味して自分にふさわしいローンを選びましょう。